Photoralism No.67

iTunes公式ページから視聴する »

ダウンロードする (mp3|102MB)

荒木則行の個展「刻印」までいよいよ1ヶ月を切りました。今回は展示される写真と同様のクオリティのテストプリントを前にして、いつもの3名が写真と紙の関係について、個展の見どころについて、熱く語ります。

2017年11月9日(木)より個展を開催いたします。

続きを読む Photoralism No.67

Photoralism No.65

iTunes公式ページから視聴する »

ダウンロードする (mp3|18MB)

今回は荒木則行氏が久しぶりに個展を開催するというお知らせです。
詳しくは番組をお聴きください。

荒木則行・個展「刻印(仮)」
場所 キヤノンギャラリー銀座
会期2017年11月9日(木)~11月15日(水)
休廊 日曜日

皆さんのご来展お待ちしております。

続きを読む Photoralism No.65

Photoralism No.64

iTunes公式ページから視聴する »

ダウンロードする (mp3|42MB)

自分の機材、限界まで使ってますか?
例えば高感度ノイズの限界や機材ごとに違うRAWの特性など。

一期一会の現場では、いつだって最高の条件で撮影したいもの。しっかり機材の限界を理解して使いこなしたいものです。

今回は機材テストやRAW現像ソフトによる違いなどをお話しします。
続きを読む Photoralism No.64

Photoralism No.63

iTunes公式ページから視聴する »

ダウンロードする (mp3|71.5MB)

春の名所はやはり人気があるもの。
そんな春の名所で荒木氏が出くわしたある場景にもの申す!
久々のアラッキーさん(荒木氏)の心の叫びをお聴きください。

リスナーからのお便りも続々と届いています。沢山のご応募ありがとうございます。フォトラリスタッフ心より感謝を申し上げます。さて、その沢山の応募の中から今回トークテーマとして取り上げさせていただいたお便りは…

続きを読む Photoralism No.63

Photoralism No.62

iTunes公式ページから視聴する »

ダウンロードする (mp3|74MB)

ドッチーボが早くも最終回に。
最後のテーマは「阿蘇の草原」。

今回はリスナーから頂いた質問を元に3人がカメラトークを繰り広げます。

「必ず持っておくレンズは?!」
「どのレンズがベストですか?!」

ついにフォトラリメンバーのいち推しのレンズこと「推しレン」が明らかになる!?今後はリスナーからの質問を積極的にお応えしていくフォラリズムです。

番組で取り上げて欲しい質問やトークテーマを随時募集中です。番組で採用された方には、もれなく未公開のフォトラリズムの収録音声データをプレゼントさせて頂きます。皆さんの投稿をお待ちしております。

続きを読む Photoralism No.62

Photoralism No.61

iTunes公式ページから視聴する »

ダウンロードする (mp3|68MB)

もし1億円手に入れたらどうする?
という脈略の無い話題からいつものカオストークへ。

今回のドッチーボ、テーマは「早春賦」。

はたしてどちらがボツ写真でしょうか。
フォトラリストの皆さまも、どちらがボツ写真なのか思案しつつお楽しみください。答えはフォトラリ第61話の中で荒木氏が確固たる信念の元、発表いたします。

続きを読む Photoralism No.61

Photoralism No.59

iTunes公式ページから視聴する »

ダウンロードする (mp3|37MB)

今年から始まった新企画、
「どっちがボツでしょう?(ドッチーボ)」も第2回目。

3月に入り寒さも和らいできた今日この頃(広島目線)。
野焼きを撮影するならこの季節。
ということで今回のテーマは「春の野焼き」。

「荒木セレクト」として、どっちがボツでしょうか。
リスナーの皆さまも、どっちがボツなのか思案しつつお楽しみください。
解答はPhotoralism No.59の中で荒木氏が発表いたします。

続きを読む Photoralism No.59

Photoralism No.58

iTunes公式ページから視聴する »

ダウンロードする (mp3|34MB)

今年からPhotoralismも第2シーズンに突入。
新コーナー「どっちがボツでしょう?(ドッチーボ)」がスタート。

今回のテーマは「降る雪」。

はたしてどちらがボツ写真なのでしょうか。
フォトラリストの皆さまも、どちらがボツ写真なのか思案しつつ
お楽しみいただけたら嬉しく思います。
答えはフォトラリ第58話の番組の中で荒木氏が発表いたします。

続きを読む Photoralism No.58